読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモン好きゲーマーのブログ

ポケモン・プリキュア・プリパラ、各種ゲームにサッカーを中心とした趣味関係について気が向いたときに書いています

アローラビギニングでサンムーン対戦デビュー

というわけでPGL主催のアローラビギニングに参加しました。
対戦回数が少ないためあまり参考にはなりませんが2つのPTを使って無敗のまま大会を終えました、このペースで試合数をフル消化したら優勝だったので真の優勝は私ですww

冗談はさておき今大会は特殊というかテキトーなルールだったと思います。
6→3のシングルですが持ち物を持たせることができず、レートでは使えないソルガレオルナアーラ、サトシゲッコウガマギアナの中から1体だけ使用できるというルール。
自分は2つのPTを使いましたが1つは間に合わせだったためサトシゲッコウガを使いましたがもう1つのちゃんと考えて組んだPTに特別枠のポケモンは使いませんでした。

PT紹介ですがまず間に合わせの方はサトシゲッコウガ、フェローチェ、アローラゴローニャ、カプ・テテフ、トゲデマル、キテルグマの6体。
アローラゴローニャでステロを撒いたりトゲデマルで麻痺やアンコールで起点を作って禁止級、UB、準伝説トリオの火力でねじ伏せるPTです。

個別の使用感ですがまずサトシゲッコウガは変幻自在がないとはいえ、今大会使用率なぜかNo1のガブリアスに強く先制技の水手裏剣も便利。上手く止めが刺せればキズナ変化が発動して更に火力が上がります。

フェローチェはやんちゃ両刀、無振りでも冷凍ビームで大抵のガブリアスは一撃で落とせるので今回は本当にガブリアスが楽だった。やっぱりガブは持ち物あってこそですね。
バトルツリーで使っていた技構成そのものだったので飛び膝蹴りではなくかわらわりを採用、オーロラベールも壊せて良いかなと思いましたが使われる試合はありませんでした。

アローラゴローニャは別ロムに送ってなつき度が下がるのを忘れていたため恩返しが死に技になってしまったが基本ステロ大爆発なので恩返しを撃つ機会はありませんでした。威力450の大爆発は絶大な破壊力で居座って呑気に毒々とかやってきたブラッキーを一撃で吹き飛ばしてくれました。地面に無効にされてしまいますが通常の大爆発と違って鋼にも等倍で通るのでハッサムやグロスにも致命傷を与えられるのが良いですね。

カプ・テテフはサイコフィールド下のサイキネがとんでもない火力で先制技無効のため、フィールドさえあれば不意打ちやマリルリの腹太鼓アクジェより先に攻撃できます。耐久は低めですが一応準伝なので不一致2倍弱点くらいなら何とか耐えられます。

トゲデマルは選出する機会がなかったので何とも言えませんがニードルガードで相手の出方を見つつアンコールやほっすりで麻痺を撒いていく型です。

キテルグマはまさに間に合わせで入れましたが直接攻撃中心の物理アタッカーに対しては強く可能性を感じました、本来はチョッキで特殊にもまあまあ強いはずですが。

続いてもう1つのPT。前作で極めようとしたかわポケPTを使いました。
アローラキュウコン、アローラサンドパン、ミミッキュ、マリルリ、ブースター、エモンガ

アローラキュウコンはオーロラベールが大活躍、持ち物が持てないマリルリの腹太鼓を決めるためには必須ともいえる技。自身の耐久もまずまずなため場合によってはオーロラベール後にそのまま吹雪連打で押し切ることもできました。打ち合いになれば凍る確率も高くなるわけで実際凍らせて勝つ試合もありました。フリーズドライは天候を取られてしまうペリッパーへの奇襲として採用しましたが一度もペリッパーとは当たりませんでした、当たった場合に落とせれば一気に有利になるので有用だとは思うのですがアンコールや神秘の守りも便利なので本当に迷います。あれこれやろうとするよりも役割を決めて絞った方が良いですね、そのためにもバトル経験を積みたい。

アローラサンドパンは砂ドリュウズの霰バージョンに近いかもしれません、氷柱落としとアイアンヘッドで怯みを狙ったり霰パの天敵である鋼に有効な地震もタイプ不一致とはいえ撃てます。さすがに剣舞を積まないと火力不足ですがそこまでAの種族値も低くないので積めれば強力です。弱点は多いですが鋼の持つ優秀な耐性と非常に高いBを活かして起点が作れれば強かった。

ミミッキュはソルガレオルナアーラに対して非常に強いので採用しましたが大活躍だった、持ち物が持てないルールで襷の代わりになる化けの皮は強かった。ただ、ルナアーラに関しては霰で削ってから影打ちというパターンでないと厳しかった、シャドーレイの効果知らなくて余裕の剣舞とかやってたら化けの皮ごと一撃で吹き飛ばされたw

マリルリはやはり霰パで強いですね、霰パが苦手な炎と格闘を半減できるのでそいつらを誘って腹太鼓の起点にできるのが良い。昔私やほよ氏がノオーメノコマリルリで使っていたがフェアリータイプの追加や腹太鼓アクジェ習得で更に使いやすくなっている。

ブースターはハッサム対策として用意したが選出はゼロ、馬鹿力とかがまだ使えない環境なので捨て身タックルを採用するなどかなり無理矢理入れましたw
マリルリだけでは炎に薄いと思ったので貰い火で無効にして捨て身タックルで攻撃するという狙いでした。

エモンガはこちらのPTに電気と地面が一貫していたので採用、電気技を吸収して素早さを上げてアンコールという狙い。このPTにガブを出してくる酔狂な相手はいないとは思いますがガブの地震読みで出してアンコールとんぼ返りしたりほっすりで麻痺を撒いてサポート。このルールだとアクロバットの方が使えそうですがエアスラにしているのはマッシブーンを意識、怯みにも期待できたり格闘はBが高いポケモンが多いというのもあります。しかしこれまたマッシブーンとは当たらず選出無し・・・。結局上4体しか使わなかった。

以上、前作でかわポケPTの厳しさを感じていましたが今回でイケる気がしてきました。アローラキュウコン&アローラサンドパンはネタどころかガチに近い強さを持っているし一気に絶望が希望に変わりました。しばらくはこのPTを中心にバトルしていこうと思います。
ゲットした50BP×2は拘りスカーフとかの道具と交換します。

f:id:happy-pa-lucky:20161223230149p:plain

f:id:happy-pa-lucky:20161223230207j:plain

f:id:happy-pa-lucky:20161223230226j:plain